インフルエンザ予防対策 罹らない為に必要な生活環境と生活習慣

来るインフルエンザ流行時に備えて、インフルエンザ予防接種も終えて準備万端な
あなた。

別投稿でもお伝えした通り、残念ながらインフルエンザ予防接種をしたからといって
100%感染しないとは言えません。

そこで、予防接種の他に普段の生活の中で出来る予防策をお伝えします。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防対策①罹らない為の効果的なうがい・手洗いの方法

インフルエンザに限らず風邪の予防対策として一番に上がってくるのは
うがい・手洗いでしょう。

あなたは、外出先から帰宅した際に、うがい・手洗いをしていますか?
私は、帰宅時はもちろんの事、うがいは起床時にもおこなっています。

ですが、残念な事にうがいは風邪の予防にはなりますが、インフルエンザへの効果は
期待できないとされています。

理由としては、インフルエンザウイルスの感染力の強さにあります。
インフルエンザウイルスは粘膜に付着してから約20分ほどで細胞内に入り込んで
しまうと考えられています。

いつ粘膜に付着するか分からないウイルスに対して、20分以内にうがいをするのは不可能ですよね。
なので、インフルエンザを予防するのにうがいは効果がないと言われる訳です。

ですが、風邪の予防には効果がありますし、インフルエンザウイルスが粘膜に付着して
20分以内ならうがいも効果があるはずですから、正しいうがいの仕方を改めて、おさらいしておきましょう。

【 正しいうがいの仕方 】

① 水を入れたコップを用意します。(塩水や緑茶なども効果的です。)
※手を合わせ、手中に水を溜めてうがいをする方がいますが、手にウイルスがついていると逆効果なのでコップを使用しましょう。

② 水を含んで口を閉じ、前を向いたまま、頬を膨らませたり元に戻したりを交互に素早く行い口内を洗浄します。(ブクブクうがい)
※口内には細菌がたくさんいるので、いきなりガラガラうがいをすると細菌が喉へ運ばれてしまい逆効果です。
必ずブクブクうがいから行いましょう。

③ 水を含んで口を開け、上を向いて口から息を吐きます。(ガラガラうがい)
※なるべく喉を開く為に「おー」と声を出しながら行うと効果的です。

④ ③を数回繰り返しましょう。

続いて、手洗いですが、何故インフルエンザの予防に手洗いが効果的なのかというと、
インフルエンザウイルスは、飛沫感染の他に接触感染でうつります。

ウイルスが付着している所を触ってしまい、自分の手に付着。手に着いてしまったウイルスが何らかの理由で
体内に入り込んでしまうと感染してしまいますよね。
ですから、手をきれいに保つ事が予防対策になるわけです。

手洗いは、インフルエンザに限らず、風邪やノロウイルスなどの予防にも効果的です。
ですが、意外と正しく洗えていない事が多いので、正しい手洗いの仕方をしっかり覚えて、ウイルスを撃退しましょう!

【 正しい手洗いの仕方 】※1

① 流水で手を洗います。

② 石鹸やハンドソープを手に取り泡立てます。

③ 手のひら、指の腹を洗います。

④ 手の甲、指の背を洗います。

⑤ 指の側面、指の付け根を洗います。

⑥ 親指、親指の付け根の膨らんだ部分を洗います。

⑦ 手のひらに指先を当て指先を洗います。

⑧ 手首全体を洗います。

⑨ 石鹸やハンドソープを流水で十分洗い流します。

⑩ 清潔なタオルで手を拭き、手を乾燥させます。

⑪ アルコールで消毒します。

②~⑨を2度繰り返すと効果的です。

【 参考文献 】

スポンサーリンク

※1厚生労働省((社)日本食品衛生協会平成24年度食品衛生指導員巡回指導資料より)

インフルエンザ予防対策②環境を整えウイルスの蔓延を防ぐには?

次は、環境について考えていきますね。

インフルエンザウイルスは、乾燥を好みます。

湿度が50%未満の場所では、ウイルスが繁殖してしまうので、
加湿器などを使用して、室内は湿度を50%以上(50~60%)を保つように管理すると良いです。
インフルエンザウイルスは湿度が50%以上になると急激に死滅してくれるので、湿度管理は重要です。

加湿器がない場合は、洗濯物を室内に干したり、タオルを濡らし室内に掛けておくと良いです。
小さなタオルだと、すぐに乾いてしまいますから、こまめに濡らしてくださいね。

あと、大事なのは換気です。冬場はストーブなどでせっかく温めた空気を外に逃がしてしまうのはもったいない!と思いますが、ここはインフルエンザにかからならない為です。
寒さを堪えて、窓を開けましょう。
どうしても、換気が嫌な場合は、空気清浄機もおすすめですよ。

インフルエンザ予防対策③免疫力を高める為に身に付けたい生活習慣

最後は、自分自身の免疫力を高め、インフルエンザを撃退するぞ!
という気持ちが大事です。

ま、気持ちだけでどうにかなる訳でもありませんが、気持ちも大切という事で…。

さて、どうやったら自己免疫力が高まるのか?という事ですが、
生きる上で大事な、食べる事・寝る事をしっかりやっていただきたいなと。

日頃の生活習慣はどうですか?

自分の好きなものばかり食べて栄養の偏りがありませんか?
夜遅くに食べたり時間が不規則だったりしませんか?
朝ごはん、ちゃんと食べています?

概ね決められた時間にきちんと栄養のバランスを考えて3食きちんと食べる事。
そうすると、生活のリズムも整ってきますよね。

不規則な生活は体に負担がかかります。

しっかり眠り、体を休ませてあげてください。

あと、適度な運動です。適度な運動は体も解れますし、程良い疲れを生じます。
程良い疲れは、眠気を誘い、しっかりと体を休ませてくれます。

どれか1つだけやってもダメです。

あなたの体、あなたの生活は全部つながっていますから、

きちんと食べて、きちんと体を動かして、きちんと休む。
良いサイクルで生活を送ると、自然と免疫力は高まります。

あとは、ストレスを溜めない事です。

今のご時世、ストレス社会ですから溜まりますよね。

気分転換をしたり自分なりのストレス解消方法を見つけましょう。

お笑いなどを見てたくさん笑うのも免疫力アップにつながりますよ!

ちなみに私のストレス解消方法は、カラオケです♪

インフルエンザ予防対策のまとめ

まずは、正しいやり方でうがい・手洗いをしっかり行う事。
部屋を乾燥させない事。湿度は50%~60%に保って、こまめに換気をする事。
規則正しい生活を送り、栄養バランスの取れた食事をして、適度に運動し、ゆっくり休むこと。ストレスを溜めない事。

どれも当たり前すぎて、目新しい事はないんですが、当たり前のことを当たり前に行うって
かなり難しいですよね。

当たり前の事を意識して行い、無意識で出来るようになった時にはインフルエンザウイルスも逃げて行く事でしょう。

インフルエンザに罹らないよう、お互い頑張りましょうね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。