健康診断私のバリウム体験記 初めて体験するあなたへアドバイス


どーも、小晴です。

今日、私、健康診断でした。

年に一度の健康診断。

私、去年初めてバリウム検査を体験しました。
その時の衝撃たるや否や。
もうね、本当にね、
驚きました。

これをみんな文句も言わずにやっているのかと。
で、これは事前にどんなものなのかを知っていた方がいいと。
心の準備が必要な検査だと感じました。

だから、これから始めてバリウム検査を受けるあなたに、
脅かすようで申し訳ないですが、
でも、知らないでやった時の私と同じような辛さは味わってもらいたくないから、

ここでバリウム検査をして感じたことをお話しします。

スポンサーリンク

最初の難関、バリウムで発泡剤を飲まされる

水兵りーべ僕の船ってしってます?
元素記号の覚え方です。

その元素記号のBaで原子番号56番の元素がバリウムです。
バリウムについて→→→Wikipediaバリウム

これを飲むんです。
口に含んだ時、のど越し、すべて不味いです。
すごくドロっとしているし、白いし、飲むと何とも言えない気分の悪さに苛(さいな)まれます。
本当に本当に嫌いです。そもそも、飲み物じゃないし。

まず、おちょこ一杯分くらいのバリウムと発泡剤(顆粒)を渡されます。

発泡剤を先に口に含み、そのあとバリウムで発泡剤を飲み込まなくてはいけないのですが、
最高に辛(つら)いです。

バリウムのドロっと感ですが、病院の担当の方は、

「飲むヨーグルト見たいですよね。」

なんて、にこやかに言っていましたが、これはウソです。
飲むヨーグルトだったら美味しいじゃないですか!
それよりももっとドロッとしています。
本当に飲みにくいんだから!

そして、発泡剤が曲者で、口に入れたらすぐに発砲が始まるんですよ。
これが、水で飲めるならスッと飲み込めるんですが、
バリウムがなんてったってドロッとし過ぎているもんですから、ゆっくり食道を流れていく訳です。
だから、口の中から食道→胃と流れていく間にどんどん発砲するんですよ。

でも、ゲップをしちゃいけないんです。

もうね、地獄です。

本当に涙が出ますから。

で、ここで終わらないんですよ。
さらに追い打ちをかけるように、さっき渡されたおちょこ1杯分のバリウムの4~5倍の量を
たたみかけるように「飲め!」と言われます。

その間もゲップ禁止です。

もう、ここまでで心が挫けます。

でも、これは、検査をする前段階。検査をするための準備でしかありません。

ここまでの私の心境は、
1.えーまだ飲むの?超辛い!
2.あっ!ちょっとゲップ出ちゃった…(;^ω^)ナイショナイショ
3.もう勘弁してくれ~。

ってところでしょうか。
自分が早く飲み終えて検査を終わらせないと、次に待っている人がいつまでたっても検査できないから、人様に迷惑を掛けてはいけない!という思いだけが心の支えでした。

そんなこんなで、ゲップを堪えながら、何とかバリウムを飲み干しました。

ゲップを堪えながら、検査台に乗ってあっち向けホイ

なんとかバリウムを飲み干し終えた私は、次に検査台に乗れと言われます。
まだゲップはしちゃいけません。我慢です。

検査台に乗った私は、担当技師さんから、右を向けだの、左を向けだの、やれ、右回りに3回回れ、うつぶせになれ、仰向けになれ、
などなど、様々な体制をとらされます。
しかも、全部手動っていうか、自分の力で向きを変えます。1回だけ逆さに近い体制にされることもあります。
だから、年配の方はバリウムを飲むより、検査台でアチコチ動かなきゃいけないのが大変と言っていました。
私はまだ、若い方だから、その辺は大丈夫だったんですが。

スポンサーリンク

でも、途中で来るんですよ。
ゲップをしたくなる衝動が。

その時は、深呼吸して生唾を飲み込むとゲップを抑えられますよ。

あ、深呼吸は鼻でしてくださいね。きっと口ですると、ゲップ出ちゃいますから。
とにかく、口は開けちゃダメです。

一緒に検査をしに来ていた年配のおば様が言っていましたが、途中で再度バリウムを飲まされたことがある。
と言っていました。

これは、ゲップをしてしまうと、胃がしぼんでしまうから、検査が出来なくなってしまうらしい。
だから、再度飲まされてしまいます。

これは要注意です。
双六じゃないですが、ふりだしにもどるは、極力避けたいものです。

とにかく、この時点では絶対にゲップをしないように心がけてください。
じゃないと、ふりだしに戻ってしまい、今までの苦労・頑張りが水の泡です。

検査終了。でもまだ気を抜くのは早い!今度は下剤でバリウムを出せ!

無事に検査終了。
発泡剤にも、バリウムにも、ゲップにも耐えた自分を褒めてあげたいです。

バリウムで白くなった口をうがいし、検査受付にもどると、今度は下剤を飲まされます。
私が飲まされたのは液体の下剤でした。
ちなみに主人が受けた時は、錠剤の下剤を服用したそうです。病院によって違うみたいです。
看護師さんに、いつもの排便の状態を聞かれ(便秘かどうか)、便秘がひどい人には、ちょっと量を多めに下剤を服用させるみたいです。
私は毎日出るので、通常量の下剤を服用。

前日の21時以降何も食べずに、最初に口にしたものが発泡剤とバリウム。そして、下剤。
なんて可哀想な私の胃袋・・・(ノД`)・゜・。

でも、バリウムを体外に出さない事には体に良くないのでね。
万が一、夜まで排便がなかった時用に、錠剤の下剤を2錠もらってきました。(みんなにくれる)

自宅に着き、とりあえず、1度だけ排便がありました。
初めての人はびっくりしちゃうと思うけど、白いものが出てきますからね。
バリウムです。これを出さない事には話になりません。
バリウムって固まっちゃうんですって。

私は当日、1回だけしか排便がなかったので、頓服の下剤を服用するか悩んだのですが、
1度は出たので、様子を見ようと思い、服用しませんでした。

そしたら、翌朝の排便も白かった。
明日は大丈夫だと思うけど。

健康診断私のバリウム体験記 初めて体験するあなたへのアドバイスのまとめ

今回私は、お医者さんやら、看護師さんやら、バリウムの検査技師さんやら、一緒に健康診断を受けているおばちゃんとか、
様々な人に、いかにスムーズにバリウムを飲む方法がないか聞きました。
でも、誰も答えてくれなかった。お医者さんでさえも。
もう、これは我慢するより他にないんだなと感じました。

そう、今回私は2回目のバリウム体験でしたが、初めて受けた時よりもスムーズに出来たと感じています。
それは何故ならば、バリウムがどういうものか1度体験済みであったから。
どういう流れで、バリウムがどういうものか覚悟をして臨んだ。ためらっていたら、ダメだという事が分かっていたから、スムーズに出来たんだと確信しています。

初めての時にも事前に調べておけば良かったと今なら思えます。
だから、これからバリウムを始めて受けるあなたにバリウムはこういうものだよ!
という事をお伝えしたかった。
そして、心の準備をして、バリウム検査に臨んでもらいたい。
現実と想像のギャップを少しでも埋めて、よりスムーズに検査を終えられることを
心から願っています。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
くれぐれもバリウム検査気を引き締めて頑張ってきてください。
健闘を祈る。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。