まな板の汚れを簡単に手間なく落とすための方法はコレだった!

どーも、高齢者介護施設に勤めている小晴です。(*^▽^*)

毎日仕事が忙しくて、なかなか家事まで手が回りません・・・。
ま、いい訳ですが・・・(;^ω^)

そこで、これじゃいけない!と思い立ち、
真面目に掃除に取り組もうと決心しました。

そこでまず何をしたかというと、図書館で掃除についての本を
借りてきました。

いやいや、本を読んでいる暇があるなら、掃除しろよ!
とお叱りの声が聞こえてきそうですが。(;^ω^)

でも、ちょっと待ってください!
私が求めているのは、効率が良く、きれいが持続するための掃除方法なのです!

毎日フルタイムで働いて、残業もあって、家事もある。
そんな忙しい私にも出来る、

効率が良く、きれいが持続するための掃除。
あわよくば、年末の大掃除なんて必要ないくらいキレイが保てる掃除方法です。

そのためには、まずは知識かな。
と思いました。
だって、正しい掃除の仕方なんて習った記憶がないもの。

これからコツコツ、自宅をキレイにしていきたいと思います。お掃除大作戦です!

私のこの経験が、忙しいあなたのお役に立てれば幸いです。(*^▽^*)

スポンサーリンク

汚いまな板を手間なくきれいにする方法

早速ですが、うちのまな板は超汚いです。

自慢になりませんが・・・(;^ω^)
恥ずかしいけど、お見せします。

本当にお見苦しいまな板をお見せして、申し訳ない限りです。
でも、このまな板で調理しても、うちの家族は誰もお腹を壊したことはありません。

だから良いって事ではないんだけれど・・・(;^ω^)

そこで、図書館で借りてきた本で【まな板】をキレイにする方法を調べてみました。

●ピンポン玉くらいの量の重曹ペーストをまな板の中央にのせ、スポンジでまな板全体に重曹ペーストを伸ばしながらこする。流水でよく洗い流す。水を切り、風通しの良い場所で1~2時間乾燥させる。

●汚れが気になるところに重曹ペーストをつけ、スポンジで磨く。ビネガー水をスプレーでシュワシュワッと発砲させる。泡が消えたら、仕上げの熱湯をかける。

●台所用洗剤やクレンザーで良く洗う。洗った後に熱湯をかけ、しっかり乾燥させる。月に一度大きめの容器に水を張り、漂白剤を入れてまな板をつける。そのまま30分つけ置き、そのあと水洗いをして乾燥させる。※つける容器がない時は、キッチンペーパーの上から漂白剤を掛けて湿布する。

と、三者三様の事が書いてありました。

この中で、自分に一番合っているやり方は何か考えた時に、
【 大きめの容器に水を張り、漂白剤を入れてまな板をつける 】でした。

コレなら、漂白剤につけて、放置しておけばキレイになるって事でしょ?
忙しい(いや、ズボラ)私にピッタリ(^^♪
早速、やってみました。

大きめの容器がなかったので、ゴミ袋にまな板と水と漂白剤を入れて放置。
【 30分つけ置き 】と書いてあったので、お風呂に入る前にセッティングをしました。
そうすれば、お風呂から出た後にキレイになっているはず!(*^^)v

①ゴミ袋と漂白剤を用意する。

②漂白剤の使用量を確かめる。

③ゴミ袋に2リットルの水とキャップ1杯の漂白剤を投入し、まな板をつける。

スポンサーリンク

④50分後のまな板の状態

あれ?想像よりキレイになってない・・・。

 
↑つける前               ↑50分つけた後

ちょっと、元が汚過ぎたのか・・・?
でも、やる前よりは少しキレイになっているので、いっその事、一晩つけてみました。

その写真がコチラです。↓

どうでしょう?だいぶキレイになりましたよね。

分かりやすいように、段階を追った写真を並べて見ましょ。

 
↑漂白前                ↑50分つけおき後


↑一晩つけた翌朝

比べてみると、一目瞭然でキレイになった事が分かりました。

結果、

まな板を簡単に手間なくキレイにする方法は、

漂白剤に一晩つける

これなら、寝ている間にキレイにしてくれます。
ただ、私みたいにここまで汚くなる前に、漂白することをお勧めしますが…(;^ω^)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。(*^▽^*)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。