高齢者の方でも簡単に折れる折り紙で作るクリスマスに使える星の折り方

星にもいろいろな形がありますね。今回の星は「キラキラスター」です。ちょっと手裏剣にも見えますが…
ここでは黄色の折り紙を使っていますが、この星は是非とも金・銀で作っていただきたいです。

同じ形のパーツを4つ作り、組み合わせて1つの星が出来るのですが、
パーツを作るのはとても簡単です。80歳代の方も出来ました。
ただ、問題は組み合わせる時です。
あまり小さな折り紙で作ると、手先がうまく動かない方には難しいでしょう。
なので、組み合わせるのは場合によっては、職員さんが行うと良いと思います。
裏側もきれいに出来るので、どちらを飾っても面白いと思います。

スポンサーリンク

【 用意するもの 】
・黄色の折り紙4枚(好きな色で可)

1.同じ大きさの折り紙を4枚用意します。

2.1枚を三角になるように折ります。

3.一度開いて、出来た折り目に沿って写真のように折ります。

4.下側も折り目に沿って写真のように折ります。

5.下側を一度開いて、両方とも、中わり折りします。


↓中わり折りが出来たところです。↓

6.裏返します。

スポンサーリンク

7.下部分を上へ折り返せるところまで折り返します。

8.同じものを4つ作ります。

9.それぞれを差し込み組み込んでいきます。(分かりやすいように折り紙の色を変えています。)

↓4つ差し込み終えたところです。↓

10.最後に差し込んだパーツの白い三角部分を折り返し、下の隙間に差し込みます。

↓裏側は写真のようになっています。↓

11.中央の小さな引っかかる部分を折り返します。(緑の折り紙部分を12と比べると分かりやすいです。)

12.「キラキラスター」の出来上がりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。