自分はどのくらい疲れてる?どうして疲れるの?上手に解消!疲労回復法

毎日、お仕事お疲れ様です。

疲れていないですか?

私は疲れています。(;^ω^)

今、自分がどのくらい疲れているのか、客観的に調べてみたくないですか?
そして、疲れがたまるとなりやすい病気があったり…。

だから、疲れとは上手に付き合って、上手に解消できるといいですね。

スポンサーリンク

自分は今、どのくらい疲れているのか?セルフ疲労度チェック!

自分が今どのくらい疲れているか知っていますか?
なんとなく、疲れてるとか、夜ちゃんと寝ているのに朝起きた時に
疲れが残っているなんて事ありますよね。

でも、疲労は決して悪いものではないんですよ。

疲労は、体が疲れている事を知らせるアラームです。

「体が疲れてますよ!だから休んでください!」

って事です。

アラームが鳴った時に、しっかり休養をとって回復できれば問題ないです。

でも、仕事は休めないし、休みは休みで日頃できない家の事をやったり、
友達との付き合いもあるし…
なかなか休めないよ…

というあなた、今自分がどのくらい疲れているのか?
現状を知る事はとても大事な事です。

あなたの代わりはいないですから、大事にしてください。

以下に【疲労度セルフチェック】を掲載しましたので、
自分がどのくらい疲れているのかチェックしてみてください。

【疲労度セルフチェック】

症状が全くない…0点、少しある…1点 まあまあある…2点
かなりある…3点 非常に強い…4点

 1、微熱がある
 2、思考力が低下している
 3、疲れた感じ、だるい感じがある
 4、よく眠れない
 5、ちょっとした運動や作業でも非常に疲れる
 6、憂鬱な気分になる
 7、筋肉痛がある
 8、自分の体調に不安がある
 9、働く意欲が起きない
10、ちょっとしたことが思い出せない
11、この頃体に力が入らない
12、リンパ節が腫れている
13、まぶしくて目がくらむことがある
14、頭痛、頭重感がある
15、ボーっとすることがある
16、一晩寝ても疲れが取れない
17、集中力が低下している
18、のどの痛みがある
19、どうしても寝すぎてしまう
20、関節が痛む

総合評価

     安全ゾーン  要注意ゾーン  危険ゾーン

男性   0~16点  17~22点  23点以上

女性   0~19点  20~28点  29点以上

(あくまで簡易的な疲労度チェックです。)

いかがでしたか?あなたの結果はどのゾーンになったでしょう?
私は、14点で安全ゾーンでした。自分では疲れているつもりでしたが、
大丈夫みたい。良かったんだけど、なんかなぁ…。

要注意ゾーンや危険ゾーンだった方は無理をしないで早めに休んでくださいね。

頑張り過ぎないで!疲労が溜まるとなりやすい病気

では、どうして人は疲れるのでしょうか?

疲れは人によって感じ方が違います。
そして、多かれ少なかれ誰しも疲れがあると感じています。
厚生労働省疲労研究班調査のよると就労人口の約4割が6か月以上疲れを感じていると言われています。

疲労の原因は様々で、人それぞれですが、主に、【仕事・子育て・家事・介護・人間関係】
などにあると言われています。

疲れってそもそも何なの?体がどういう状態になっているのでしょうか?

それは、細胞レベルに傷がついている状態をいいます。
どこが傷ついているのかというと、【脳】です。

起きている間に、脳の中の自律神経の中枢に【活性酸素】が溜まります。
活性酸素によってたくさんの傷が出来ると脳内に【疲労因子FF】というたんぱく質が増加します。
この傷を治す為に必要な【疲労回復因子FR】というたんぱく質は睡眠中にもっとも増加するので、疲れをとるためには睡眠が欠かせないのです。
睡眠不足になると疲労回復因子FRが十分に増えないので、疲労が回復できません。
よって、体は常に疲れた状態になってしまう訳です。

スポンサーリンク

疲労は放っておいても解消されず、無理を続けていると命に係わる病気になってしまう
可能性があります。例えば・・・脳梗塞・心筋梗塞・ガンなどです。

他にも、疲労が続くと起こる病気として、
脳卒中、心筋梗塞、狭心症など突然死などが挙げられ、メンタルヘルス障害も多くなってきています。

そうならない為にも、疲労の原因を特定して、対処していく事が大切です。

疲労の原因は、大きく5つに分けられます。

・精神的なストレス・・・人間関係、仕事など
・身体的なストレス・・・過労、過度な運動など
・物理的なストレス・・・紫外線、騒音など
・科学的なストレス・・・化学物質など
・生物学的なストレス・・・ウイルス、細菌など

自分の疲れはどこからきているのか、自分の心に耳を傾けて、原因を見つけてください。

疲れをとるためには、規則正しい生活最低7時間の睡眠をとる事です。
自律神経を休める為には睡眠が一番です。その日の疲れはその日に取るのが一番良いです。

2~3日の休養で回復する疲労は、健康な疲労と言えます。
十分に休養を取っても1ヶ月以上疲労が続く場合は、病気かもしれませんので
医療機関(疲労専門外来)の受診も考えた方が良いかもしれません。

疲れと上手に付き合っていく疲労回復方法をご紹介

疲れを取るには、とにかく体を休める事です。
一番良い対処法は【睡眠】です。

そうは言われても、色々忙しくてそんなに寝てられないというあなたへ
睡眠以外に疲労解消法として有効なものを紹介します。

●お風呂●

温めることで血液の流れが良くなります。ぬるめの温度で10~15分程度入るのがおすすめです。
好みの入浴剤を入れてもいいでしょう。

●クエン酸●

活動するためのエネルギーになるので、疲れているときに摂ると良いでしょう。

●赤身(魚)●

マグロ・鰹などにイミダゾールジペプチドという疲労回復物質が多く含まれています。

●鶏むね肉●

イミダゾールジペプチドという疲労回復物質が多く含まれています。

●森林浴●

緑の香りによるリラックス効果が得られ、自律神経が休まります。
森林浴に行く時間がない人は、緑茶の香りをかぐのも良いです。
カフェインが含まれているので、寝る前に飲むと睡眠の妨げになります。
飲むならば、日中が良いでしょう。

その他に自分に合う疲労解消法を探してみましょう。

上手く疲労感に対応していく事が重要です。

私のストレス解消法はカラオケです。大きな声をだして40曲ほど歌ってきます。
スッキリしますよ♪

あと、疲れた時に【栄養ドリンク】などを利用することがあると思いますが、
あくまで、「あとひと踏ん張り頑張りたい」という時に利用するのは良いです。
仕事がひと段落付けば、ゆっくり休養をとれる時ですね。
それが、常に忙しくてゆっくり休養をとれない時に利用するのは、結局体を酷使して
しまう事になりますのでお勧めできません。

仕事で疲れていても、子どもの笑顔・寝顔を見ると疲れが飛ぶと思われる事があると思いますが、キツイ事をいうようですが、疲労感を紛らわしているだけなので、実際は疲労は取れていません。
お子さんの為にも、ゆっくり休んでいただきたいと思います。

自分はどのくらい疲れてる?どうして疲れるの?上手に解消!疲労回復法のまとめ

生きていれば、疲れます。だって、人間だもの。

その疲れと、どのように向き合って、対処していくかが大事だと思います。

仕事も家庭も大切ですが、自分の体が健康でなければ、どちらも上手くいかないなと思います。

体が疲れると、気分も落ち込みがちになりますし、何もかも上手くいっていないような気分になりませんか?
そうすると、仕事を辞めたくなったり、「なんで自分ばっかり。」と、愚痴を言いたくなります。

あ、これ私の事ですけどね。

疲れてくると、自分だけが大変みたいな気になっちゃうんですよね。周りが見えなくなっちゃうっていうか。

だから、疲れると自分にも周りの人にも良くないですから。

私はとにかく寝ます。

だから、とにかくあなたも休んでください。

早くあなたの疲れが取れる事を願っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。