肝炎ウイルス検査を受けてきました。かかる費用と検査の流れ

先日、NHKガッテン!で肝炎ウイルス検査について紹介していました。

何でも、1988年以前に生まれた人は集団予防接種時に注射器を使い回ししていたので、もしかしたら肝炎ウイルスに感染しているかもしれない!と恐ろしい事を言っていました。

私は1976年生まれ。バッチリ危険なお年頃。(*´Д`)

な・の・で、受けてきました。肝炎ウイルス検査!

何でも肝炎ウイルスに感染している人は、8割の人が30年程かけて肝臓がんに進行してしまうんですって。しかも、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、自覚症状が出た時にはもう手遅れになっている事が多いそう。

でも、事前に検査をして感染が分かれば、早期に治療、完治する事が出来るそう。

だったら、一度受けに行ってみましょう!って事で、行ってきました。

今日は、その時にかかる費用と検査の流れについてお話しします。(*^▽^*)

スポンサーリンク

自宅住所を管轄している保健所を調べる

肝炎ウイルス検査は、保健所で基本無料で行ってくれるとガッテン!で言っていたので、まずは自分の住んでいる所の管轄保健所はどこなのか?を調べる必要があります。

それは、市役所でも教えてくれますし、Yahoo!やGoogleで検索すれば出てきます。

私の住んでいる地域の市役所ホームページでも市内の委託医療機関で肝炎ウイルス検査をしてくれると書いてありましたが、1,200円と有料でした。保健所でタダで出来るのにわざわざ1,200円払うのはバカバカしいですよね。

調べたら、埼玉県の管轄保健所と検査開催日が乗っているPDFがありました。

⇒ ※HIV抗体検査及び性感染症検査の受付日及び時間帯

HIVとか、性感染症検査とか書いてありますが、肝炎ウイルス検査も書いてあります。B型肝炎はHBV、C型肝炎はHCVです。なので検査項目の日にちに気をつけて下さいね。

まずは、予約をする

保健所が開いている時間に、電話で予約をしました。

その時に、「HIV・梅毒・クラミジアの検査も出来ますがどうしますか?」と聞かれました。全然検査をするつもりはなかったんですが、

「採血の量も変わりませんし、無料です。」

と言われたので、ついでにやってもらう事にしました。

で、「匿名の検査になるので、結果を郵送することが出来ませんので、後日結果を取りに来てもらう事になります。」と言われました。

本人が現地に行って顔も見られるのに匿名って…?と思いますが、分かりました。と答えました。じゃないと検査してもらえませんし。(;^ω^)

特に持ち物は必要ありません。採血するので腕を出しやすい服装で来てくださいとの事でした。

なので、予約は電話1本で出来ますが、結果はもう一度取りに行かないといけません。

スポンサーリンク

検査当日の流れ

朝の9:00~10:00に来てください。と言われていたので、9時くらいに到着するつもりで家を出ました。

無事に9時頃着いたのですが、既に6名待っていました。受付は、9時より前に始まっていたようです。

そんな事なら、もう少し早く来たのに…

受付で順番が書いてある札をもらい、待っている間に記入する書類をもらいます。

匿名検査なので、住所氏名などは書きません。

書き終わったら提出して、検査の順番を待ちます。

検査は番号札の数字で呼ばれますので、呼ばれたら個室の入り保健師さんと話します。内容は事前に記入した用紙の確認と、検査結果がいつ出るかなどの確認です。それが終わったら、再度待合室にて検査の順番がくるまで待機します。

検査は、血液採取だけなのであっという間に終わりました。

血液採取が終わったら終了です。帰って良しです。

検査結果は、約1週間後に出ます。匿名検査なので結果の郵送は不可です。控えを持参して取りに行きます。控えを無くすと結果をもらえないので要注意です。

気になる検査結果は…?

検査結果が出る指定日に指定の時間に取りに行きます。都合が悪い方は別の日でも大丈夫です。

結果を受け取れば良いと思っていましたが、一人ずつ個室に呼ばれ保健師さんから結果を渡されます。

そして、保健師さんの目の前で結果を開けるよう言われます。

私は全て陰性だったのですが、今後感染する可能性もあるという事で感染予防について説明があります。

しかも、今回私は肝炎検査の目的で受けたのですが、無料だからと性病検査も一緒に勧められ全項目受けていました。

保健師さんの説明は主に性病に感染しないようにする対処法。

なんか、ちょっとなぁ…。(;^ω^)

説明する方も嫌だろうけど、お互い変な感じでした。

肝炎ウイルス検査を受けてきました。かかる費用と検査の流れのまとめ

検査は、何回受けてもいつでも無料との事なので、もし疑わしきことがあったら何度でも受けることが出来ます。

検査結果を郵送してくれないところや、性病の説明など面倒くさいところもありますが、

何といっても、無料なので、1度は受けておいて損はないと思います。

自分の身体の事ですし気になる方は、最寄りの保健所に問い合わせてみると良いと思います。

どうしても、検査に行く時間がないという方は、今は郵送で検査してくれるところもあります。本当に便利な世の中になったものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。