高齢者にも作れる安い手芸キット つまづきやすいポイントと事前準備

私は高齢者が通うデイサービスに勤めています。

毎日いろいろなレクリエーションを考えているのですが、
予算がなく、四苦八苦しています。

なんとか安い材料で、だけど内容は良いものはないものか?
と、考えている毎日です。

安いと言えば、100円ショップですよね。
いつもお世話になっています。

そこで、こんなに良いものを見つけたので、購入してみました。

でも、問題は、高齢者の方が作れるのか?
というところです。

そこで、不器用な自分が作ってみようという事で…

スポンサーリンク

高齢者にも出来る安く手に入る手芸キット

今回、手芸キットを購入したお店は100円ショップで有名なダイソーです。
なるべく簡単で、ケガなどしないようなものという事で選んでみました。

今回はパンダを選びましたが、他にもウサギとクマのバージョンがありました。
好きな動物を選んでもらうと自己決定力も発揮できるので良いと思います。

中に入っている材料は、黒と白のフェルト・ぼん天(毛糸を巻き付ける中身)
毛糸・黒と茶の糸・目玉パーツです。

以下のものは入っていません。成する際に使うので用意してください。

◆刺しゅう針、とじ針
◆定規
◆チャコペン
◆布切りハサミ
◆手芸用ボンド
◆両面テープ

これだけ一式セットになっているので、配るのも楽々です。
これで100円(税別)なんて安いですよね♪

高齢者が作成するなかでつまづきやすいポイント

高齢者の方が作業する中で、ちょっと難しいかな?と思った個所があります。

それは、フェルトをパーツ分けに切るところと、刺しゅう部分です。

理由は、

①材料のフェルトが小さいのでそこにチャコペンで型を書くのが難しい。
②チャコペンで型を書けたとしても、小さなフェルトを切るのが難しい。
③鼻の部分を刺しゅうするが、刺しゅうをするフェルトが小さくて難しい。

私が作っていて、この3点が気になりました。

フェルトに書くパーツの大きさですが、型紙にサイズを書いておきましたので
参考にしてください。

あとは、手・足・耳の部分を糸で縫い付けるのですが、人によっては難しいかもしれません。

作り方としては、

①ぼん天に毛糸を巻き付け、頭と体を作ります。

②作った頭と体を毛糸で巻かがりで縫い付けます。

スポンサーリンク

③切った鼻フェルトに鼻と口を刺しゅうします。
目部分のフェルトと目玉パーツをボンドで貼ります。

④顔のバランスを考えて、目・鼻をボンドで貼ります。
※この時、乾いていないとボンドがはがれやすいので気を付けます。

⑤手・足・耳を糸で縫い付けます。

⑥毛糸を丸めて尻尾を作り、縫い付けます。

⑦リボンを作り、ボンドで貼り付けて完成です。

うしろ姿はこんな感じ。

私の施設に通ってきている高齢者の人に出来上がりを見せたら、
「可愛い!作りたい!」と言ってもらえました。

高齢者施設職員が事前に準備しておくと良いポイント

全部を高齢者の方にやってもらうのは、大変だと思うので、大変な個所を事前に
職員が準備しておいてあげた方がスムーズにいくと思います。

レクリエーションの時間も限られていますし、
つまづいてしまうと、やる気を削いでしまいますからね。
予測のできる事態は、未然に防ぎましょう。

なので、
①材料のフェルトが小さいのでそこにチャコペンで型を書くのが難しい。
②チャコペンで型を書けたとしても、小さなフェルトを切るのが難しい。

フェルトに型を写し、職員がパーツを作っておいてあげる。

③鼻の部分を刺しゅうするが、刺しゅうをするフェルトが小さくて難しい。

刺しゅうをしておいてあげる。

こうする事によって、時間も短縮になりますし、高齢者の方のイライラも軽減されると思います。

ただ、高齢者の能力をみて、手伝って上げるところを変えていけば良いと思います。
ものすごく器用で、小さなフェルトも難なくこなせそうな方なら、すべてやってもらえばいいと思いますし、
手が不自由な方には手足耳の縫い付けも職員がおこなってあげたり、臨機応変に対応して上げてくださいね。

高齢者にも作れる安い手芸キット つまづきやすいポイントと事前準備
のまとめ

不器用な私が、今回の手芸キットを作成し、完成までにかかった時間は

約1時間30分でした。

1日で仕上げたいのであれば、職員による事前準備は必ずやった方が良いと私は思います。

何日かに分けて作業が出来るのであれば、ゆっくり仕上げても良いしね。

何にしても、高齢者の方達は簡単に出来て、なおかつ見栄えが良いものを好みます。
誰でもそうかもしれませんが…。

その欲求を満たすべく、私は日々奔走しています。

他の介護職員さん達もそうであろうと思うので、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。