節分で恵方巻を食べる方角はどう決める?簡単な法則と今年の方角

どーも、小晴です。(*^▽^*)

節分に恵方巻を食べるようになったのは、一体いつからでしょうか?
私が子どもの頃は、節分と言えば豆を撒くというのが相場でしたが…。

節分に恵方巻を食べるのは、関西の習慣みたいですね。

個人的に、大人になった今では豆を撒くより、美味しい太巻きを食べた方が
楽しいです。
だって豆まきは後片付けがめんどくさいでしょ!┐(´Д`)┌

ところで、恵方巻って毎年食べる方角が決まっていますよね?
あれってどうやって決めているんでしょう?

スポンサーリンク

節分で恵方巻を食べる方角ってどうやって決めてるの?

恵方巻を食べる方角は、毎年変わります。

別にルーレットとかくじ引きとかで決めている訳ではなく、

今年はこっちという、恵方の方角が決まるルールがあるのです。

だから、毎年方角を決めている訳ではなく、法則として決まっていると言った方が正しいですね。

そもそも、恵方とは、歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所を指していて、

●歳徳神とは?●
●歳徳神はその年の福徳(金運や幸せ)を司る神様の事で、年徳、年神様、正月様などとも呼ばれています。その年の十干によって歳徳神のいる場所は毎年変わり、その度に恵方も変わっていきます。恵方に向かって、いろいろな事を行うと良いと言われており、節分の恵方巻きを食べる時以外にも、初詣も恵方の方向の神社に参ったり、初めての事を行うときは恵方を向かって行ったそうです。

歳徳神のいる場所はその年の十干(じっかん)によって決まります。

●十干とは?●
●甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素からなり、十二支と合わせて干支(えと)といい暦を表すものです。

ですから、節分の恵方巻を食べる方角は、その年の十干で決まるということです。

恵方が分かる簡単な法則

恵方が十干で決まることは分かりました。

じゃあ、十干である【 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸 】のいつがどの方角なのか?

ってことですが、 恵方は基本的に以下の4方向しかありません。 

●北北西
●南南東
●東北東
●西南西

あくまで大まかな方角です。本当はもっと細かいんだそうです。

で、十干とその4方向の組み合わせですが、

スポンサーリンク
●十干と恵方の組み合わせ●
●北北西・・・壬、丁
●南南東・・・辛、癸、丙、戊
●東北東・・・甲、己
●西南西・・・庚、乙

となります。

でも、十干って現代ではあまり馴染みのない暦ですよね。だから分かりにくい。

実はもっと簡単な法則があるんです。(*^▽^*)

それは、西暦の下一桁の数字です。

十干は全部で10種類あります。数字も0~9の10種類。

ですから、次のような法則が成り立ちます。

●数字と十干の組み合わせ●
●0 → 庚
●1 → 辛
●2 → 壬
●3 → 癸
●4 → 甲
●5 → 乙
●6 → 丙
●7 → 丁
●8 → 戊
●9 → 己

ということは、

●数字から分かる恵方●
●北北西・・・2、7
●南南東・・・1、3、6、8
●東北東・・・4、9
●西南西・・・0、5

となります。これなら分かりやすいですよね。(*^▽^*)

今年の恵方はどっち?

では、ここでクイズです。

【 問題 】今後10年間の恵方はどっちでしょうか?

1.2018年

2.2019年

3.2020年

4.2021年

5.2022年

6.2023年

7.2024年

8.2025年

9.2026年

10.2027年

答えはコチラ → 【今後10年間の恵方はどっち?答え編】

節分で恵方巻を食べる方角はどう決める?簡単な法則と今年の方角のまとめ

暦の事を調べだすと、かなり昔にさかのぼらなければなりませんでした。

でも、調べていてもそんな細かい事が知りたいんじゃないんだよ!

もっと分かりやすい資料はないのかい?

と、自分でもヤキモキすることが多々ありました。

そんな小難しい事ではなくて、もっと簡単に軽い気持ちで

「恵方巻きを食べる方角ってどうやって決めるの?」

という質問に答えられる記事に仕上げたかったんですが、

どうだったでしょうか?

少しでもあなたの疑問に答えられるような記事になっていたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。(*^▽^*)

良かったら、ポチっと押していただけると嬉しいです。
宜しくお願いします。<(_ _)>
↓↓↓↓↓

【生活ブログ村】

にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。